復活祭と謝肉祭

春と言えば、復活祭、Paquesです。日本ではあまり馴染みがありませんが、キリストが十字架にかけられてから3日後に復活したことを祝うこのお祭り、こちらでは、クリスマスと並ぶ、キリスト教最大イベントのひとつです。

フランスでは、毎年日曜日に行われ、翌日の月曜日も祝日になるので、3連休。離れて暮らす家族も帰省し、みんな揃ってご馳走を食べ、子どもたちは庭で卵探しをする、というのが大体のお決まりです。

1月も末になると、大型スーパーには、卵やニワトリ、ウサギ、サカナなどの形をしたチョコレートが所狭しと並びます。娘が小さい頃には、保育園で本物の卵に絵付けをしたこともありました。


今年の復活祭も、いいお天気になりました。

c0359253_08380874.jpeg
c0359253_08402440.jpeg
              お友達と隠した卵を見つけます、、、チョコレート卵、見っけ!

同じ時期にあるのが、謝肉祭 carnaval です。こちらも春先の代名詞。

c0359253_08572954.jpeg
c0359253_08562155.jpeg


c0359253_08544474.jpeg

パレードの間にばらまかれる紙吹雪 confettis。落ちているのを拾っては撒き、拾っては撒き、子どもたちは大喜びです。

c0359253_08570089.jpeg

これは。。。。原始人チーム。。。まあ、なんでもありなのが、カーナバル、ということでしょうか。かなりの力作です。
c0359253_08550235.jpeg
c0359253_08461289.jpeg
c0359253_08480466.jpeg

毎年、こういう立派な山車がいくつも登場するのですが、一体どこからやってくるのか、とても不思議です。そういう商売があるのでしょうか。この、ユーロ札が貼付けられた、かなりえげつない雰囲気の山車には、ミス・フランシュコンテさんと、お隣地方から派遣されたミス・アルザスさんがご搭乗です。

c0359253_08575362.jpeg
c0359253_09204385.jpeg

       ブザンソンでは、パレードは2日続きます。ドイツからの参加らしい方々、お疲れさまです。


[PR]
by fu-ai_busanson | 2015-04-23 09:34